Category Archives: 中華

五味八珍、静岡市葵区若松町にある庶民の味方の大衆中華料理店

五味八珍は静岡県全域に展開している中華料理店。
大きな看板を横目に広めの駐車場に車を止めて五味八珍の店内へ入ると、中華の香ばしい香りが鼻をつく。

「いらっしゃいませ」の声とともにスタッフによる丁寧な接客のもと座席へと案内され、お水を受け取った後、さっそくメニューに目を通す。

ラーメンやチャーハン、丼ものから一品料理まで幅広い品ぞろえが目に留まる。
五味八珍の価格帯はほぼ1000円以下で構成されており、庶民価格だ。

どの料理も魅力的だが、私のおすすめは週替わりのサービスランチだ。
ラーメン(しょうゆ・みそ・とんこつ)、一品料理(回鍋肉や麻婆豆腐などの中華料理)、ごはん(お代わり無料)で値段は税込み759円。

魚介系のスープに麺をからめて一気にすする。
間を置かずに一品料理とごはんをほおばる。
至福の時間である。

また五味八珍で忘れはならないのがやはり「浜松餃子」だ。
お皿の上に放射線状に並べられた餃子の中心にはもやしが添えられてある。

さっぱりとした味の餃子は何個でも食べられる。
毎月8~14日は浜松餃子の日となっていて、12個入りの餃子が429円(税込み)で食べられる。

週替わりのランチに浜松餃子、もちろん他の料理も絶品だがこれだけでも行く価値はあるだろう。
安さ、味、ボリュームを兼ね備えた庶民の味方、五味八珍、一度お試しあれ。

店名:五味八珍 若松町店
住所:〒420-0006 静岡県静岡市葵区若松町101−1
電話:054-221-7718

中華飯店 蘭蘭、守口市にあるガッツリ系の中華料理店

店名:中華飯店 蘭蘭
住所:大阪府守口市日吉町2丁目4−5 5 4 2丁目
電話:06-6992-0133

蘭蘭は昔ながらの中華料理屋って感じなんですが、そういうところだからこそ美味しい。
しかも、蘭蘭はガッツリと食べられるお店なんです。

壁にはたくさんのメニューが書かれた張り紙が。
どれにしようかまよいますね。

蘭蘭のランチメニューで人気だという中華定食を注文しました。
内容といたしましては八宝菜とエビの唐揚げ、豚天、キャベツなどの野菜が盛り付けられています。

そして、ご飯とスープが付いてきます。
味がはっきりとして美味しく、ご飯にとても合います。
ボリュームもあるので、満足感があります。

他のメニューはどうならんだろう。
そういう思いからリピーターになり、様々な料理を食べてみました。
結論はどれも美味しい。

その中でもおすすめは、定番ですが焼飯。
蘭蘭の焼飯は具材が多く、味もしっかりしている。

何より量が多くて安いのがいいですね。
大のサイズで680円です。

焼飯だけでも十分な量があるのですが、餃子(280円)をセットで頼むのもおすすめです。
他にも酢豚やエビチリなど、魅力的なメニューが豊富。

こういうお店が近所にあると嬉しいですね。
コスパも味も最高なお店です。

蘭蘭は守口駅からも近いので、近くに来たときは立ち寄ってみてください。
きっと満足できるはず。

遊々亭、宇部市にあるテイクアウトもできる棒餃子が美味しい中華料理店

料理を作るのが面倒に感じる平日の夕食、帰宅途中にお持ち帰りをして自宅でさくっと食べたいと思われる方も多いかと思います。
そんな時に最適な、宇部市内の中華食堂「遊々亭」をご紹介します。

遊々亭は宇部市内の産業道路に面している広い駐車場のある中華食堂です。
店内は4名から6名掛けのテーブルとカウンター席があり、お一人でも、ご家族でも楽しむことができます。

中華食堂と言うだけあり、メニューはご飯と野菜炒め、スープといった中華定食がメインです。
価格も800円前後ととてもリーズナブルになっています。

そんな遊々亭ですが、一番のオススメは金の延棒餃子です。
餃子といえば一般的には丸い皮に餡を入れ、ひだをつけて包んだものをイメージされるかと思いますが遊々亭の餃子は一味違います。

金の延棒餃子という名の通り、一つひとつ棒状の形をしており、もちっとした皮にぎっしりと餡が詰まっています。
価格も6本200円ほどと、非常に手頃な点もオススメポイントです。

金の延棒餃子はお持ち帰りもできますので、一人暮らしの夕飯にも丁度いいですし、土日に家族で餃子パーティーも楽しいかと思います。
皆さんも是非一度楽しんでみてください。

店名:中華食堂 遊々亭
住所:山口県宇部市神原1-2-2
電話:0836-21-0601

馥苑(フーエン)、文京区向丘にある家庭的な雰囲気の中華料理店

中華料理というと、味がこってりした印象を持ってしまうけれども、馥苑はあっさりさとヘルシーさを売りにした本格中華料理店です。
馥苑は東京メトロ南北線東大前駅と本駒込駅のちょうど中間あたりに位置し、若干アクセスに不便なせいか、混んでいて座れないということはありません。

店名:馥苑 (フーエン)
住所:東京都文京区向丘1-12-5 富岡ビル 1F
電話:03-2811-9990

馥苑の料理はどれも1000円前後とリーズナブルで、ランチメニューもあり、味は美味しく、落ち着いて食事を楽しめるので、これ以上の環境はありません。

あっさりとしていながらも、食べたりなかったという感じにならない料理が店のウリなのですが、メニューの中でもお店の魅了を一番体感できるのが、じゃがいもさらだだと感じます。
スライスしたじゃがいもをゆでて味をつけただけのシンプルな料理なのですが、比較的量があるにも関わらず、気がついたらなくなっていたというくらいの中毒性を持ちます。

こうしたあっさり系の料理は、その他に玉子炒飯、青梗菜と紋甲いかの塩炒めなどがあり、また角煮あんかけご飯や酢豚のようなこってりを連想するような料理でも、食べてみると意外にクドさがなく、どんどん箸が進みます。

接客も馥苑の魅力です。

気さくな対応と何かと気を使ってくれるお店のお姉さんがこの店の魅力の一つです。
初めてお店を訪れる、あるいは一人でお店を訪れる人であっても、お姉さんの接客のおかげでとてもくつろいだ気分になることができ、食事を楽しめます。

美味しい中華料理を、家庭的な雰囲気のなかで楽しむ、しかもそれがリーズナブルな料金で実現できるというのは他には中々無い魅力だと思います。
こじんまりとしたお店であるため、予約や貸し切りにも柔軟に対応してくれます。

馥苑は近隣にお寺が多いせいか、法事の会食で利用する人も多いようです。

下北沢にある餃子の王将のニラを使ったおすすめメニュー

店名:餃子の王将 下北沢店
住所:東京都世田谷区代沢5-36-16喜多澤マンション1F
電話:03-3419-6955

下北沢にある餃子の王将では、ニラ肉炒めを食べることができます。

餃子の王将のニラ肉炒めはその名の通りという感じで、ニラが非常に目立った存在となっており、ニラ好きの人にはかなり向いていると思います。
私はニラはそんなに好きだったわけではなかったものの、見た目が美味しそうだったので注文してみると、実際かなり美味しかったです。

味付けされていたのもありますけど、ニラが特に素晴らしくて、シャキシャキした食感も含めてここまで美味しい食材だったんだ?と改めて思いました。
しかも、餃子の王将のニラ肉炒めは他にもいくつかの魅力的な食材が含まれています。

個人的に良いなと思ったのが豚肉ともやしで、この2つは元々好きだったというのもあり、非常に美味しく感じられました。
そのうえでニラも美味しかったので、非常にいい気分で食べることができたという感じです。

ニラに関して、そこまで好きではないという人もいるとは思いますけど、このメニューに関しては多くの人が気に入る可能性が高いと思うのです。
ニラ以外にも美味しい食材が多くありますから、そっちでも魅力は感じやすいはずですし、多くの人におすすめと言えます。

中国菜館 龍亀、摂津市正雀にある地元で人気の中華料理屋

店名:中国菜館 龍亀
住所:大阪府摂津市正雀3-11-10 龍亀ビル 1F
電話:06-6382-5452

摂津市の正雀に、老舗の人気中華料理屋があります。
龍亀は昭和50年代から営業されていて、今も地域の人に愛されているお店です。

飲食店は10年以上続けば凄いと言われるだけに、長く続いているお店は美味しい確率が高い。
私の場合はユーチューバーが龍亀を紹介していたので、それを見て行くくことにしました。

普通のお店ではユーチューバーが紹介しませんよね。
龍亀は何が普通ではないのか。

味はもちろん普通より美味しいのですが、龍亀はボリュームがとてもある中華料理屋としても有名なのです。
何か料理を注文してみたら分かりますが、食器が大きい。

その大きい皿に料理がたくさん盛られていますし、ご飯もさらに大盛で出てきます。
いわゆるガツ盛りですね。

そんな感じで全体的に量が多いのですが、ガッツリ食べたいという人におすすめなのがA定食です。
酢豚に唐揚げ、肉玉ねぎ炒めにご飯とスープがセットになっているメニューです。

大きなお皿に酢豚と唐揚げなどの肉が盛ってあり、ご飯の量も多い。
ガッツリ食べたいって人は、満足できるはずです。

お値段は1,100円ですが、これだけのボリュームなら納得です。
龍亀は近くに学校も多く、学生が食べている姿もよく見かけます。
お肉をたくさん食べたいのであれば、A定食はおすすめです。

唐居 (トウキョ)、千葉市中央区蘇我にあるおいしい中華料理店

店名:唐居 (トウキョ)
住所:千葉県千葉市中央区蘇我2-30-28
電話:043-266-2033

唐居は千葉県蘇我市にある中華料理屋さんです。
1歩店内へ入ると、中国に来たような感覚になるくらい雰囲気はいいです。

唐居はテーブルとテーブルの間もカーテンで仕切られていたりするので、周りのお客様を気にすることなくお食事が出来てとてもいいと思います。

BGMも中国らしさ満点ですし、装飾もたくさんでとてもいいですね。
唐居の店員さんはどの方も明るく丁寧な印象感で感じがいいです。

そしてお料理はどれを食べても本当においしくてビックリです。
価格はひと皿800円前後でしょうか。

牛肉とにんにくの茎の炒めものや、定番のエビマヨ、チャーハン、餃子などなどどれも本当においしいのです。
これはあまりおいしくないなぁというものがほとんどないと思います。

お食事のときに頂けるウーロン茶もおいしいです。
料理の提供は混んでいても早いほうなのでそこも好ポイントです。

そのため、いつも唐居は満席で、さらに行列も出来ているので、早めの時間帯に行くか予約をしていくことをオススメします。

唐居のお客様の幅は広く、ご年配の方から若いグループ、家族連れと様々ですが、大変愛されているなと感じるお店です。