しじみ習慣の効能とガンマGTP

日本古来から習慣として食されて来た貝類といえば、「アサリ」「しじみ」でしょう。
近年、含有成分であるオルニチンが、肝臓の数値に効果があるという事で、しじみ習慣などのサプリメントなどに多く利用されるようになっています。
とくに飲酒機会に多い、男性から注目を集めています。

アルコール摂取に伴う肝臓への負担といえば、健康診断時のガンマGTPの上昇で判明する事が多いでしょう。
以前より、飲み会の後には、しじみの味噌汁が良いと言われており、実際、オルニチンなどのアルコールを分解する成分が豊富に含まれています。

そのため、ガンマGTPを下げることで注目されているのですね。
「ガンマGTP 下げる」などで検索すると、しじみ習慣などの肝臓によいサプリメントの情報が大量に出てきます。

このように体に良い「しじみ」ですが、近年の環境悪化に伴い、漁獲量が激減しています。
近所のスーパーで見かける機会も、以前と比較すると減ったのではないでしょうか。
最近は、市場に多く出回っているのは、国産ではなく、中国産のものが多いようですが、中国産は質が悪く、消費者への人気はもうひとつとなっています。

参考:しじみ習慣の口コミ・評判は?しじみ習慣の効能・飲み方の解説!

しじみ習慣の効能で二日酔いが減った口コミ体験談

近年社会人になって上司や取引先との付き合いでお酒の席が増えたせいもあり、いつの間にか私も晩酌が趣味の1つになったのですが、最近二日酔いによく悩まされるようになり、会社でも仕事の効率が上がらない事がしばしばでした。

上司からもよく注意される始末で、おまけに最近の健康診断では肝機能の数値が少し悪い事も指摘され、落ち込んでいたところに酒豪の叔父から勧められて飲み始めたのが「しじみ習慣」です。

この製品には、話題のアミノ酸オルニチンやグルタミンが含まれているだけあって、アルコール成分が強いお酒でも消化が早くて、飲んだ後も胃がムカムカする事が無くなったように思います。

「しじみ習慣」の実際のサプリ本体は一見アーモンドチョコみたいな形ですが、表面がツルツルしたソフトカプセル状になっている為、喉を通る時も全く違和感なくスムーズに飲みやすいです。

元々私は貧血も抱えていたので、適量の鉄分とカルシウムも同時に補えるのも大変助かり、残業で夜遅く帰った日の就寝前に飲んでも、翌朝は必ず疲労は回復していて今は手放せなくなっています。

最近は「しじみ習慣」のお蔭で、アルコールが体内から抜けきれないまま出勤する事は殆どなくなったので、代謝も少し良くなったようで、ザラついていた肌荒れも改善しつつあり嬉しいです。
今後はお酒の量も程々に気を付けながら、足りない栄養はサプリで補いつつ美容・健康対策に励もうと思います。

Comments are closed.

Post Navigation