倉敷市の着物買取の現実

最近、着物買取に関するチラシが、倉敷市の自宅のポストに入ることが多くなりました。
皆さんのお宅でも見かけたことはありませんか。

着物買取の一例として和服や帯の写真を載せて、買い取った金額が記してありますが、果たしてその金額は本当でしょうか。

じつは全くのウソではないものの、高額査定が出る品は限られています。
どれほど高額で買った着物でも、実際に査定に出してみると僅かに千円ぽっちということも少なくありません。

では、どういうものが高値で買い取ってもらえるのでしょうか。
たとえば、名の通った作家の本加賀友禅であったり、帯ならば皇室献上品を多く手がける織元の作品であったりというのがそれです。

それらの有名どころの品であったとしても、100万円で買ったモノを半分で引き取ることはありません。
他のものよりも良い値段が付くという程度です。

ですから、明らかに有名な織元や染め元の品でない限りは、10枚を査定してもらっても1万円に満たないこともあるのです。

手持ちの和服を本当に必要のないものとみなし、ゴミを処分してもらう感覚でリユースの業者に査定してもらうのであれば問題ありません。

でも、少しのお小遣い稼ぎでもと考えるのであれば、むやみに手放さないほうが良いかも知れません。
着物買取で高く売るなら、倉敷市のリユース業者ではなく、ネットの専門店の方がお得ですね。

参考:倉敷市 着物買取

Comments are closed.

Post Navigation